読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かざんぶろぐ

だらだらと備忘録とってます

WindowsのAtomでC++

最近C++のコードを書くことが増えてきたので、開発環境を整備した。

やったこと

Windows上でC++を使うためにコンパイラをインストールした
Atom上でC++で開発できるようにした

環境

Windows10 Enterprise

C++の環境整備

手順としては、
1.MingGWをインストー
2.インストールしたMingGWを開く
3.そこからコンパイラー(gcc)をインストー

MingGWをインストー

ダウンロードサイトに進み、右にある
「Download Installer」をクリック。
すると、「sourceforge」というサイトにサイトに飛び、インストーラーがダウンロードできる。
あとは、ダウンロードされたexeファイルを起動してポチポチ進める。

コンパイラー(gcc)をインストー

インストールしたMingGWを使ってgccをインストールする。
まずはMingGWを起動。
f:id:okuya-KAZAN:20170427162836p:plain
「BasicSetup」を選択し、画像のようにチェックを入れる。
選択が終われば「Installation」「Apply Changes」と進む。
これでコンパイラーであるgccがインストールされた。

インストールされたかをチェックするには、コマンドプロンプトで、

gcc --help

と入力。

f:id:okuya-KAZAN:20170427163434p:plain
こんな感じで出力されたらインストールできている。

f:id:okuya-KAZAN:20170427163839p:plain
無事動いた!


Atom上でC++で開発

インストールしたAtomのパッケージは以下
•gpp-compiler -> Atom上でC++コードのコンパイル、実行を行ってくれる
•linter-cpplint -> C++の文法をチェックしてくれる

そして作成していたC++コード上で[F5]を押すと...

f:id:okuya-KAZAN:20170427164336p:plain
 良い感じ!!

追記

[F5]で、
Compile and Run
[F6]で、
Compile and Debug.
らしい

※language-cpp14について
今回、C++コードの補完を行ってくれるlanguage-cpp14というプラグインもインストールしたところ、
f:id:okuya-KAZAN:20170427164547p:plain

こんな感じで、gpp-compilerが使えなくなった...
ググってみると、

f:id:okuya-KAZAN:20170427164655p:plain
とのことだ(https://github.com/kriscross07/atom-gpp-compiler/issues/46より)
そこで、このlanguage-cpp14をアンインストールすると、
再びコンパイルできるようになった。