かざんぶろぐ

だらだらと備忘録とってます

Gitのコマンドのメモ

ずいぶん更新が遅れてしまった...
GitをCUIで操作する際のコマンドの備忘録をとっておく。

設定系

名前の設定

git config --global user.name <名前>


メールアドレスの設定

git config --global user.email <メアド>


設定の確認

git config -l 




Gitを使うという宣言

git init 




コマンドの省略名(エイリアスの指定)

git config --global alias.<省略名> <コマンド> 


共同リポジトリでのGit宣言

git init --bare 


設定情報一覧

git config -l 



※ .ignoreファイルに書き込まれたファイルはGitにあがらない


Upload系

ワークディレクトリからステージエリアへ

git add  <ファイル名>




カレントディレクトリのファイル全てをadd

git add . 




ステージエリアからリポリジへ

git commit <ファイル名> 




vimを立ち上げずにコミットメッセージを書ける

git commit -m <コミットメッセージ>


確認

差分があるか確認

git status 




差分を確認(赤字)

git diff 


差分を確認(緑字)

git diff --cached 




リポリジのlogを見る

git log 


簡潔にリポリジのlogを見る

git log --oneline 


詳しくリポリジのlogを見る

git log -p 


コミットによってどのファイルが何箇所変わったか確認

git log --stat 


commitの内容を知ることができる

git show <commitID> 


管理から削除

※間違えてコミットしてしまった時などに使う


管理対象から外す(ファイル自体はディレクトリに残る)

git rm —-cached <ファイル名> 




ファイルをディレクトリからも削除

git rm <ファイル名> 


ディレクトリを削除

git rm -r <ディレクトリ名> 




gitの管理自体をやめる。

rm -rf .git/

これをすると、git initで作成された.git/ がなくなりgit管理されていない単なるディレクトリになる。


修正

直前のコミットの変更

git commit --amend -m<修正したコミットメッセージ>


IDのバージョンに戻る( logの1番上のcommitのIDはHEAD上から2番目はHEAD^)

git reset --hard <commitID> 



ブランチ

現在いるブランチを確認

git branch 


新しいブランチを作成

git branch <ブランチ名> 




ブランチを変える

git checkout <ブランチ名> 




ブランチを作成した上で作成したブランチに変える

git branch -d <ブランチ名> 


ブランチを混ぜる

git marge <ブランチ名> 


タグ

commitIDに名前をつける(commitIDを書かなかった場合HEADのcommitにタグが付く)

git tag <tagname> <commitID> 


使用してるtagの確認

git tag 


タグの削除

git tag -d <tagname> 


Remote

※共同リポジトリのフォルダは.gitをつける

共同リポジトリへの道を作成(アクセス名の通例はorigin)

git remote add <アクセス名> <共同リポジトリのパス> 


共同リポジトリにpush

git push origin <ブランチ名>


Aの内容をBにコピー

git clone <フォルダA> <フォルダB> 


共同リポジトリのブランチをいただく

git pull origin <ブランチ名>